【書籍紹介】【要約】女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

読書

突然ですが、パートナーなどセックスする相手を満足させられてますでしょうか?
満足させられていると思われる方も多いかと思いますが、相手の本心はちゃんと聞いたことはありますか?

ちゃんとコミュニケーションを取れている方は問題ないと思いますが、もしかすると…相手は違う考えを持っているかもしれません。

相手ときちんとコミュニケーションを取ることが一番大切だと考える一方で、セックスの技術やノウハウをきちんと学ぶことも大切だと考え、今回は僕が読んだことがあるセックスを学ぶ書籍をご紹介したいと思います。

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

ご紹介するのは、医師の宋 美玄さん著の「女医が教える 本当に気持ちのいいセックス」です。

この本の中で、男性は90%がオーガズムを経験したことがあるのに対し、女性は約60%もがオーガズム未経験という統計結果があると紹介されています。

その原因として、「経験が浅い」「何かしらの不安要素がある」「愛撫の仕方に問題がある」ことが挙げられています。
その中でこの著書では、「愛撫の仕方に問題がある」ことを問題視し、女性の身体の構造や快感の仕組みを理解し、医学的な観点からセックスやオーガズムを見直すことを目的としています。


女性がオーガズムに至る流れ

まずは、女性がオーガズムに至る流れをご紹介したいと思います。
本書では以下の様に書かれています。

女性がオーガズムに至る流れ

プロセス1:興奮期(愛液があふれ出す)
 ⇒最初は髪や背中を優しく撫でるなど全身へのタッチから、耳や乳首など感じやすいパーツへの愛撫へと移行する。
  また、女性が感じ始めたときのスピードやリズム、強さを変えてはいけない。淡々とした愛撫が大事。

プロセス2:高原期(性器(外陰部)が色づき、膣口が開く)
 ⇒指やペニスを膣内に挿入してもOK

プロセス3:オーガズム期
 ⇒パートナーの手脚が無意識のうちに外へ伸びていく。乳房が張ってひとまわり大きくふくらむ。

女性の性感帯

次に性感帯が紹介させて頂きます。(以下の図は書籍より抜粋)

全身の代表的な性感帯
女性の性器周辺

基本的に、全身が性感帯と書かれていますが、その中で特に敏感なポイントは以下とのことです。

2大 性感帯

✅ Gスポット:膣口から4cmほどの場所。
     仰向けに寝てもらい、中指を膣内に差し込み、第一関節を軽く曲げたあたりのザラザラしたり、くぼんだりする場所

✅ ポルチオ:子宮の入口にあり、Gスポット以上に強烈な快感を得られる器官。
     触れるとコリコリした触感があるが、これはまだほぐれていない証拠



セックスをする前の注意点

次にセックスをする前の注意点をご紹介したいと思います。

セックスをする前の注意点

✅ 陰部を徹底的に清潔にする
✅ 爪は短く整え、手をきれいに洗う
✅ 歯磨きをして、口臭を取り除く
✅ ヒゲの手入れをする


実践篇


以下からは、実践編で紹介されている内容を記載させて頂きます。

実践篇1 乳房の愛撫

前戯は服を着たままスタートし、大きな快感を得られる場所ほど後回しにして、触れること。
例) 指先でそっとなぞる、濡れた唇や舌を這わせる、歯を立てる、アダルトグッズを使う

そして、彼女の反応を見ること。もしあまり感じていないようなら、愛撫の仕方を変えたり、どうしてほしいか彼女に直接尋ねてみたりする
反応例) 頬がほんのり紅潮したいたり、切なげに眉間にしわを寄せていたり

神経の少ない乳房より、敏感な乳首に触ってほしいと言うのが本音。そこで、パートナーに乳首に触ってと言われるまで、焦らすことで期待を高めることが大切

乳房の愛撫の方法

✅やんわりと乳房を揉みながら乳首の先端をかすめる
✅乳房の外側から徐々に乳首に近づくように愛撫
✅乳輪のまわりをぐるぐるなぞる


焦らして乳房を触っていると、乳首が勃起してくるので、以下の方法で愛撫を行う。

乳首が完全に勃起した後の愛撫の方法

✅【指で愛撫】「中指と親指で側面をつまむ」と「人差し指でトップを愛撫する」をバランスよく行う
✅【口で愛撫】唇をとがらせ、乳首を包むように当て、息が漏れないようにしっかり吸う
✅【口で愛撫】唇を密着させたまま、舌先で乳首の先端をつつく



実践篇2 クリトリスの愛撫

女性のクリトリスは、以下の画像(書籍より抜粋)の亀頭部分になります。
普段は包皮で守られていますが、感じ始めると姿を現します。ペニスと同じ経路を辿って性的反応を起こすと言われていますが、普段は包皮で守られているため、ペニスに比べてずっとデリケートなため、出来る限りソフトに触れることが大切。

クリトリスの愛撫方法(指)

✅ 最初は下着や包皮の上からゆっくり刺激する
✅ クリトリスに触れる前に、小陰唇をさすったり指で軽く揉む
✅ 感じ始めたら、指で包皮を押さえ、頭の方に軽く引っ張って亀頭をむき出しにし、可能な限りソフトなタッチで触れる
✅ 愛液を潤滑液として触る。愛液が十分でない場合は唾液やローションをつかう
✅ テンポを変えず淡々と愛撫する

クリトリスの愛撫方法(口)

✅ 女性は脚をM字に開き、男性は小陰唇や大陰唇、クリトリスを舌で愛撫する。その時パーツによって、舌を幅広にしたり、とがらせたりする
✅ 舌の先をこまめに唾液で湿らせる
✅ 女性の性器があまり湿っていないときやクリトリスを下から舐めるときは、舌の先をとがらせず、丸くやわらかくした状態で優しく愛撫する
✅ 小陰唇や包皮を愛撫するときや、女性が激しい刺激を求めるときは、舌に力を入れてとがらせる
✅ バックの姿勢から幅広の状態にした舌で、会陰や大陰唇を豪快に舐める



実践篇3 膣の愛撫

膣への愛撫は、ペニスを挿入する直前の大事なステップ。
利き手の中指1本あれば、膣内で感じる部分をすべて愛撫可能で、快感を覚えるのはGスポットとポルチオのみ。
アダルト作品などの影響を受け過ぎて以下の様な間違った認識も多いので、注意が必要。

間違った認識

✅ 挿入する指の数が多いほど女性が悦ぶ
✅ 指をペニスのように激しく出し入れすると女性が悦ぶ
✅ 潮吹きとオーガズムは同じく快感の頂点

膣内の愛撫の方法

✅ Gスポットへの愛撫:指の腹をジワリと押しつけるようにして刺激する。または、やさしくくすぐる、小さな円を描くように擦る
✅ ポルチオへの愛撫:痛みを感じやすいデリケート器官なので、できるだけ慎重に指の先端や腹でほぐすようにして、やさしく愛撫する
✅ Gスポット・ポルチオへの愛撫は、どちらも焦らず淡々と行う


実践篇4 挿入

女性の膣が刺激に慣れ、同時に男性のペニスが膣を貫通するのに十分な硬さになったら、いよいよ挿入。
挿入するタイミングは、女性に決めてもらうのがいい。女性がシャイな性格の場合は、男性から尋ねてみる。
なお、妊娠を望まない場合は、射精をする前ではなく、最初の挿入時からコンドームを装着すること。

挿入の方法

【挿入時】
✅ 可能な限りゆっくりと挿入する

【1段階目】
✅ 正常位で深く挿入したまま、お互いの身体を密着させる
✅ 早く出し入れするのではなく、ふたりの呼吸に合わせて男性が腰をゆっくり動かす

【2段階目】
✅ 男性はリズミカルに腰を前後に動かす(速すぎず遅すぎず、ふたりのとって最適なスピードを探す)
✅ 体位を変える(騎乗位、座位、後背位が基本)
  ※男性は、正常位か後背位が快感を感じやすい。
   ※女性は、後背位や騎乗位が快感を感じやすく、正常位はイキにくい。



まとめ

人間の生活から切り離せないセックスですが、セックスレスですれ違い、深刻に悩む夫婦やカップルが多くいるかと思います。
しかし、「セックスはこんなものだろう」とあきらめて日々の性生活を送っている。そこにメスを入れたかったと著者はあとがきに書いています。

気持ちのいいセックスに必要なのは「女性の積極性」と「男性の思いやり」と書かれています。
お互いにコミュニケーションを取りながら、相手が感じるように愛撫する、それが大切で必要なことで、そうすれば本当のオーガズムに出会うことができ、お互いへの愛情も、自ずと深まるに違いないのでしょうか。

いかがでしたでしょうか。
少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

コメント