【電車で渓流釣り】初心者が奥多摩 氷川キャンプ場で魚を大量?にゲット!

渓流釣り

渓流の清らかな川の流れと山のきれいな空気に癒されたいという気持ちから、渓流釣りを始めてみようと思い始めてみました。
まだまだ初心者で、装備も軽装で釣りをしており、比較的安全かつ電車でのアクセスもしやすい場所で釣りをしているので、多くは魚は釣れませんが、始めた時よりも確実に釣れるようになってきています。

今回は、奥多摩駅の近くにある氷川キャンプ場で釣りをした内容をご紹介させて頂きます。
※キャンプ場の方にはひと声かけて、釣りの許可を頂いております。

状況

・天候:晴れ
・最高気温:約22℃
・時間帯:8時~11時半(氷川キャンプ場(昭和橋下)
)

奥多摩川の年釣券


使用した釣り具

今回は餌釣りのみで釣りをしてみました。
電車で釣り場に行くことを前提に、持ち運びに便利な道具を選んでいます。

渓流竿

商品名:ダイワ(DAIWA) 渓流竿 リバティクラブ万能小継・Q 硬調53
標準全長:5.24m/継数:11本/仕舞:56.0cm/標準自重:164g/先径:0.7mm/適合ハリス ナイロン(号):0.4~0.8/カーボン含有率:79%/元径:26.4mm
付属品:竿袋
購入価格(Amazon):5,980円(税込)

商品紹介ページ:https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/keiryu_rd/libertyclub_bannoukotsugi_q/index.html

仕舞寸法が56cmなので、非常にコンパクトに持ち運び可能
固着のトラブルを軽減させる「固着防止リング」

その他
渓流専門エサ(30匹)(約450円)
オーナー(OWNER) 山女魚アマゴ仕掛 5.4-7.5 R-3060(約330円)

【その他 持ち物(すべて100円ショップで購入)】
・はさみ:糸を切ったり、魚の下処理する用
・ラジオペンチ:ガン玉を潰したり、魚から針を外す用
・網:魚を釣った後に入れておく用
・塩:魚を下処理をして持って帰る前に振りかけておく用
・ビニール袋:魚を持って帰る用




釣り場

氷川キャンプ場(昭和橋下)

氷川キャンプ場の受付で釣りの許可を頂き、キャンプ場内の昭和橋下で釣りをしてみました。(釣りだけであれば無料)
11時半くらいまで釣りをしていましたが、1人も釣り人は来ず、ゆっくりと釣りをすることができました。
3時間半くらいで6匹のニジマスを釣ることができ、初めてこんなに多く釣ることができたので、非常に嬉しかったです。

昭和橋下の多摩川上流側
昭和橋下の多摩川下流側
昭和橋下で釣りをしたポイント
昭和橋下の多摩川下流側
氷川キャンプ場から見た昭和橋
氷川キャンプ場から見た昭和橋
最初に釣れたニジマス
最終的にニジマスを6匹釣ることができました
下処理し持ち帰ってニジマス
下処理し持ち帰ってニジマス

コメント